2014年12月23日

草花とともに育つ家

こんにちは。昨日は12月22日。一年で一番昼が短い冬至でした。
今年は『朔旦冬至(さくたんとうじ)』という19年に一度の特別な
冬至だったらしいです。
朔旦冬至とは、新月と冬至が重なる冬至のことで、月と太陽の
両方が復活する日として非常におめでたいとされているそうです。
日本では冬至に柚湯に入って南瓜を食べる慣習がありますね。
柚子には皮に含まれる成分で血行促進され、ぽかぽか身体が温まる作用。
南瓜は冷蔵庫のなかった時代に常温で保存が効き、ビタミンミネラルが豊富
なため、寒い冬を乗り切るための食材として重宝されていたそうです。
この慣わしには暖房もなかった時代のずーっとずーっと
昔の先人たちの冬を乗り切るための知恵。
自然環境が身近にあり、その厳しさを肌で感じているからこそ
生み出される生きるための知恵なのでしょうね。

前置きが長くなりました、、、

先日、イギリス人のガーデンデザイナー、
ポール・スミザーさんの講演会に行って来ました。
NHKのプロフェッショナルという番組でもその活動ぶりが
取り上げられていました。

簡単に紹介しますと、
イギリスで園芸を学び、そこで出会った日本の草木たちに魅了され来日し、
植物一つ一つの植生を理解し『植物の自然の力を活かした庭』を
地道に作り続ける活動をされて来た方です。
四季折々に草木がその命を躍動させる。
春の芽吹き、夏の新緑、秋の紅葉。
農薬や化学肥料を一切使わず、植物たちがみずからの力で
季節を織り成すその姿は「自然より自然らしい理想の庭」と評されています。

本、買いました。サインもしていただきました!

20141222RAbook

20141222RAsign



20141222RAnakami

今回のレクチャーは清里にある保育園が主催したものです。
森の中に佇む小さな保育園です。
私自身、教育者でもないですが、『ちいさないのちを考える』というテーマの
このレクチャーは、住まいづくりにも、自然環境との関わり合いを考えられる
いい勉強になりました。

あちこちの公園や公共施設も手がけているスミザー氏の作る庭には、
鳥が休む場所やカエルが集う場所なども想定して作られています。
虫だって考えようによっては、いなくては生き物たちにとって
食物連鎖的に困るのだから、あえてwelcome。
そうした本来の姿を人の手でつくり維持して行く。

レクチャーの最後に保育園の方のお話で、
『子供の目線は低く、大地に一番近いところにある。
そこに動くもの咲くものに心が動かされる。
だから、ちいさないのちがすぐそこにあることをみて触れて感じてもらいたい。
小さい頃のこういう感覚は大人になってもきっと心に残るはず。』
と。

住まいを作るものとして、こういう優しい気持ちを大切に関わって
行きたいと改めて感じました。

20141222RAent
 
今年の秋にリフォーム工事の最後にお庭の工事もさせて頂いた
おうちのアプローチです。
ちょっとわかりづらいですが、リズミカルに敷いた大谷石の合間に
グラウンドカバーになるイワダレソウやユキノシタ、アジュガなどを植えました。
アジュガは別名でジュウニヒトエ(十二単)ともいい、
4月くらいに可愛らしい青紫色の花が階層になって咲きます。

20141222RAajuga
 
ポーチ脇には控えめに落葉樹を植えましたが、葉を落とした季節でも
足元の小さな植物達が彩りを添えます。

20141222RAnebukawa
 
こちらは駐車場からお庭のウッドデッキをつなぐアプローチです。
元々あった庭石を花壇スペースの土留めに使い、
アオハダやブルーベリーを植えました。
実用で使える実のなる木を植えることで、
お子さんもこの庭の成長を楽しみにしてくださっています。

足元にはこれからアジサイやニワナナカマドを植え、
高木の足元を賑やかにしてくれます。
土留めの石はあえて目地で埋めずに、
そのうちきっと石の間から新たな植物が顔を出します。
そんなこれからの小さな変化もお楽しみになるように。
歩く板石の間にはフッキソウやツワブキなどを。
今は淋しく見えますが、すぐに板石が緑で覆われ
ツヤのある葉がいい感じになります。

20141222RAtoneriko
 
道路に面した窓の前には目隠しにもなるように常緑樹を数本、
それからアクセントにドウダンツツジを植えました。
室内から見た時も、建物に近い位置に高い樹木があることで
安心感も生まれ、不思議と道路との遠近感も生まれ、
道路までが遠く感じる効果があります。

写真にはありませんが、キッチンに近い側にはハーブのスペースも設け、
お料理にもすぐに役立てられるようにしました。
ハーブはお子さんとも一緒に植え、私も楽しい時間を過ごせました。

おこがましいですが、、、
私たちが提案するのは、『暮らしをつくる』こと。
建物だけでは住まいは完成しません。
建物と樹木を含めた外構は一体で考えます。
建物だけでは不思議と人の気配は感じず、木々や草花があって
暮らしが営まれている気配を感じるような気がします。
そこに暮らす方々の気配を想像し、
暮らす方々に優しい住まいであってほしいと願います。
ふわりと寄り添うよう木々や草花が、建物を優しくみせてくれますし、
周りに木々があることで建物が程よい大きさに見えてくるから不思議ですね。

家族とおうち、そしてお庭が共に育っていく住まいづくり。
優しい暮らしを作るお手伝いが少しでもできればと思っています。


安藤


優建築工房のホームページはこちら

posted by coordinator at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Andou

2014年12月09日

師走

冷たい風が容赦なく肌に突き刺し、
厳しい冬の訪れをしみじみ感じる今日この頃ですが、
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
一年があっという間で、世間も私もいつもに増して
慌しい雰囲気に包まれています。

我が家も大晦日に向けて、少しずつ普段手の届かない部分を
キレイにできるようお掃除月間として励んでいる最中です。
夏にも、そのお掃除月間をザッとするのですが、
半年間だけなのにギョッとする程の汚れが「さぁ、私をきれいにしてごらん」と
言わんばかりに待ち構えてくれています。
たとえば玄関の扉、元々こげ茶色なので汚れが目立ちにくいのですが、
毎日開け閉めするからか雑巾で拭くとノブだけでなく、
全体的にしぶとい汚れが溜まっております。
そんな感じで、気持ちよくお正月を迎えられるよう正月支度を
進めてまいりたいと思います。

さて、今回はお掃除について書こうと思うのですが、
以前購入したお掃除ブックその名も「おばあちゃんの知恵袋」という
日本の暮らしの知恵がたっぷり詰まった本です。
それを久しぶりに見て、ちょこちょこ面白い方法があったので
ここでご紹介させていただこうと思います。


優建築工房のお客様でもよく張り替えなどのご要望があるカーペット。
カーペットは小さめのものならお風呂で洗うことが可能ですが、
大判やグリッパーなどで固定されているものなどは
掃除機&コロコロくらいしか掃除の余地がないイメージです。
そんなカーペットをキレイにしてくれる方法が、なんとお塩を使うそうです。
全体的にお塩を振り、20分ほど経過したら掃除機で吸い取るそうです。
そうするとお塩が汚れを吸い込み、カーペットがリフレッシュするそうです。
ただし、毛足の長いカーペットだとお塩が奥に入り込んでしまいそうなので、
毛足が短めのカーペットでのお話かもしれません。

他に1〜2畳ほどの持ち運べることはできるけど、
洗濯するには一苦労というカーペットは、なんと雪でキレイにするとのこと。
積もった雪の上に表面が触れるようカーペットを置き、
しばらくそのまま放置して乾かすと、
色褪せしたカーペットも復活すると書いてあります。
真か否か分かりませんが、機会があれば試してみたいものです。


他には黄ばんだ畳をキレイにする方法。
こちらはバケツ7分目まで水を張り、そこに大さじ2杯のお酢を入れ、
あとはそのお酢入り水を使って雑巾がけするだけ。
こちらもほんとに??と思いますが、私もこの冬試してみたいと思います。
効果のほどは、またご報告したいとおもいます。お楽しみに(?)


最後に雪と言えば、
この冬もまた大雪に見舞われるかもしれない恐怖と不安がありますね。
その雪が玄関廻りや駐車場に降ったときには
お塩が効果的というイメージですが、
お塩は撒いた部分にサビを発生させてしまうことがあるので、
その代わりに重曹を使うとのこと。
重曹を撒いたり、予め靴の裏側に付けると滑りにくく
雪が溶けやすいそうです。
さらにお砂糖を混ぜるとより効果的とのこと。
こちらもぜひ試してみようと思います。


お掃除の方法も色々ありますが、なるべくなら土に還ることが
できない洗剤は避けたいものです。
上記の方法は、洗剤ではなく調味料を使うという、
今ではとても斬新かつほんとに?と疑いたくなるものもありますが、
もしかしたら昔の方々は当たり前のようにやっていたことなのかもしれません。
改良を重ねて開発された洗剤にはかなわない所もたくさんあると思いますが、
たまにはこんな風に「本当に〜?!」とか「本当だぁ〜!」とか
楽しみにながらお掃除するのもいいでしょう。


残り1ヶ月を切っておりますが、2014年も大変お世話になりました。
体調崩されないよう、ご自愛いただき、良いお正月をお迎えくださいませ。


厚木 森の里の紅葉
2014.12.08morinosatonokouyou


和田


優建築工房のホームページはこちら

posted by coordinator at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | wada

2014年12月02日

2014パン&カフェ巡り

こんにちは。事務の中村です。
とうとう今年も最後の月を迎えてしまいました。
今年も光陰矢の如く、恐ろしいスピードで月日が去って行きました。
去年の年末年始に何をしていたか覚えているのに、
年始早々に思った今年の抱負について、
達成どころか、何をしようとしたのかさえ思い出せない有り様。
ま、平和だったということかな?です。

さて、優カフェの原動力ともなっている私のパン&カフェ巡り。
今年訪れたお店を振り返りつつ、ご紹介。

いままで、それほど食パンという分野に興味がなかったのですが、
浅草にある「ペリカン」の食パンを食べてから、
これを超えるものって?と あちらこちらのパン屋に行くたびに
新たな分野の食パンが気になってしまうようになりました。
その後、美味しいパン屋さんは沢山ありましたが、
私の中では、ペリカン越えはなかったのです。

ついにそれ以上かしら?と思うお味に遭遇したのが今年の10月。

いつも普通に1〜2時間待ちでやっと手に入る食パン専門店。
専門店なる情報を聞いてから、脳裏にいつもあり、
近くまで行ったときに寄ってみようとしたものの、 
あまりの行列に辟易してしまいあきらめていたのが、
銀座の「セントル・ザ・ベーカリー」

2014.12.2JNYpanya1

友人2人に付き合ってもらい、カフェ&パンを体験。
カフェとパンの購入では別々で行列ができており、
カフェに入るとパンの方を持ってきてくれる仕組み。

カフェに入るまで約2時間。
この日は、日比谷公園でガーデニングショーがありまして、
そちらがメインで集まったのですが、
やっぱり女子はいくつになっても花より団子。
ショーに来年は出展してみる?などと、そしたらどうのこうのと、
女三人集まれば・・・あっという間に時間が過ぎ、2時間も束の間。
ひとりだと黙々と時計をみてしまい辛い時間になるところを
楽しく過ごせて感謝です。

2014.12.1JNYpanya7 
カフェでは、食パンを焼くトースターを自分で選ぶシステム。
どれもお洒落なトースター。

2014.12.1JNYpanya3 2014.12.1JNYpanya6 2014.12.2JNYpanya2

2014.12.1JNYpanya4 2014.12.2JNYpanya5
バター3種と食パン3種の食べ比べ。
その違いを味わえるのが楽しく、私はJPと呼ばれる
日本産の小麦を使った食パンが一番美味しいと思いました。
並ぶ甲斐がある!お味。 感激したー。
もちろん、持ち帰り分もゲット。1つが2斤分なので2種類を
2個づつ8斤分と電車では、手がちぎれそうな苦痛を味わいました。
最初は、しぶしぶ付き合ってくれた友人も、また行きたいとのことで、
本当に並び応えのあるハズレのないパン屋さんでした。
その後、テレビ放映があり、次に訪れたときは以前に増して長蛇の列。
やっぱり、その日はあきらめました。

そして、長野と言う地に、すごく魅力を感じているこの頃。
今年も都合がつくと、ちょくちょくまわって歩きました。
蔵作りのカフェや古民家再生のそば屋さん。
事務職ですが建築業界に身を置き、
もともと建もの探訪とかを観るのが大好きだったのもあり、
建物や内装、装飾には興味を持ちます。
素敵な雰囲気のところを見つける度、立ち止まるので
すぐに日が暮れてしまいます。
そんなかで冬になり仕込みが終わる頃に訪れる酒蔵。

七賢と言う酒蔵の中にあるカフェ。
2014-11-28 16.13.56 2014-11-28 16.13.05

2014-11-28 16.12.51 2014-11-28 16.14.03

2014-11-28 16.07.16 2014-11-28 16.12.57
天皇陛下も訪れたというお部屋も拝見できます。 

山梨、長野の辺りをまわっていると移住者の方が多く、
この辺りの美味しい空気と水、それからなる食べ物を考えると納得です。
長野出身の両角さんは、そんなこと言ったって冬はすごい大変だから、
絶対無理。といいますが、私は憧れの地なんだけど・・・。
ご実家があるのが羨ましい。


お蕎麦屋さん「ひねもす」
2014.12.2JNYsobaya2 2014.12.2JNYsobaya1
飯田町と会津のそば粉のたび比べのくるみそば。

2014.12.2JNYsobaya4 2014.12.2JNYhinemosupurin
そば団子とそばプリン。

このお蕎麦屋さんのご店主夫妻も浜松からの移住者。
大好きだったパン屋さんとも繋がりがあり、話に花が咲き、
こんな交流も楽しいのです。

まだまだ、ご紹介したいところがたくさんですが、
今回はこのあたりで、、、。

いろんなお店で暮らし方から食べ物についてインスパイアを受けたことを
優カフェに活かし、少しずつ、昨日より明日と向上したものをご提供
できるようにがんばります。2015年の優カフェもお楽しみに。


総務事務 中村

優建築工房のホームページはこちら

posted by coordinator at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Nakamura